これからの遺伝子への進化にも役立つ

バイオテクノロジーという言葉を聞くと、遺伝子工学を連想する人もややいるのではないでしょうか。

品種改良や遺伝子組み換えなどによって、従来の食物や動物などの新しい種を生み出す、というようなことをしているのも一つのバイオテクノロジーにおける分野なのですね。

しかし、バイオテクノロジーの中でもこういった遺伝子工学に当たる分野というのは一般的には悪いイメージが持たれがちなのです。

遺伝子組み換えをした大豆は体に悪いだとか、遺伝子組み換えをした餌を食べた家畜が病気のもとになるだとか、そういった問題も確かに起きはしました。

しかし、遺伝子組み換えが悪だと思い込むのは非常に早計かつ宗教的観点に縛られた古い考えだと言わざるを得ません。

確かに批判的な言葉が多いのですが、例えばトウモロコシなどの食べ物を我々は当たり前のように食べていますが、実は我々が普通に食べているトウモロコシは品種改良がなされて今の形になっている物なのです。

つまり、我々が普通の食べ物だと思っているような物でさえすでに品種改良や遺伝子組み換えが行われている物であることもあるんですね。

こうした実績があり、遺伝子組み換えとはよりすぐれた食を海だ明日ための技術でもあるのです。

遺伝子組換え技術を使うと消費者にどんなメリットがあるのですか。